【デブあるある】デブを痛感した瞬間6選

みなさんこんにちは。
ダイエットえなです。

痩せたい痩せたい痩せたい・・・・

物心ついてからいつも頭の中はこの言葉ばかりが巡っていて、常にダイエットのことばかり考えてきました。

モデルさんをみると「本当に同じ人間?」と思ったり、痩せている友人が羨ましくてたまらなくて・・・

いつも痩せて自信を持っている自分を思い描きながら過ごしてきて、結局なにも変われない自分がいて

惨めで、なにもできなくて、食欲我慢できなくて、過食して、吐いたら楽かもとか思ったりして。

なんで太っているというだけでこんなに辛いんだろう。

なんで人間扱いされないの?

なんでデブだと笑われるの?

着たい服も化粧もできないの?

こんな風に思っていました。

正直痩せていればいいわけでもありません。

でもね、太っているよりもはるかに良いのです。

近年ぽっちゃり可愛いなんて言葉がありますが、あれはデブが作った造語です。

だって、街中で可愛いぽっちゃりとスタイル抜群の可愛い人が歩いていたら私は後者に目が行きます。

だって、スタイル×可愛い=最強なわけです。

そう考えるとデブというのはマイナスでしかないんですよね。

「デブキャラでーす」「みんなからお肉触られます〜照」「股ずれひどいっす!うっす!」

みたいにね割り切れればそれはいいわけなのです。

プライドというものがあると割り切れないのです。

心の何処かに

「可愛くなりたい」

「あの子みたいにモテたい」

「好きな人に可愛いと言われたい」

「自信を持ちたい」

こんな気持ちでいるわけです。

で、それをまじまじと痛感する瞬間を吐き出して楽になりたいと思います。

デブの気持ちはデブが一番わかりますからね。

1 痩せている友人と鏡に映った時

まじこれです(笑)

一生懸命着痩せする洋服を考えて、「これならまだましだ〜。しかもちょっと可愛いかも♡」とか思っているとその考えは痩せている友人によって

ズタボロにされます。瞬殺です。そんな気持ちはどこかにいって自信は消失。KOです。

街中には鏡があふれていて、事あるごとにチラ見しますよね?

その瞬間、横にはすらっと長く細い足。引き締まったウエスト。

そしてドラえもんのような体系の自分。

あの自分が可愛く見える現象はいったいなんだったのかな?神様が見せてくれた夢だったのかな・・・

2 着れると思った服が入らなかった時

買い物に行き、可愛い服って手を出しにくいですよね?なぜなら何より先に「サイズ」の心配があるからです。

「Lサイズまでのお造りとなっておりまして、あいにくそれより大きいサイズはお取り扱いがございません・・・」

これ店員から聞く言葉ナンバーワンかも知れん(笑)

「でも、Lサイズでもお客様大丈夫だと思います☆キャピ☆」みたいな感じで言われて試着するとまじ入んないんですよ。

え!!!!太ももから上に上がらない・・・・

そして「なんかあんまり似合わなくて・・・やめておきます・・・」

みたいな謎の言い訳をして服屋をあとにする。(笑)

完全デブあるあるでしょう。

着たい服着たい。。もう少し小さいサイズありますか?とか言いたいんだよ。

3 競輪選手の太もものサイズを聞いた時

テレビで

ナレーター「太もも周り61センチ!!!!」

スタジオ「えーーーーーー!!!!!驚愕!!!」

ってなってたときにさ自分の太もも60センチだったから全く驚かなかった。

あーーー競輪選手と同じ太さなんだ。光栄ですわ〜・・・ってなった。

ちなみにわたしは60センチあったよ。

チャリ漕ぐの早かったし。(笑)

4 食べる速度がクソ早い時

レストランとか、ご飯屋さんとかいくと同じくらいに料理が来たのにも関わらず、食べるスピードがどう考えても自分の方が早く食べ終わっていることありませんか?

わたしの場合は初速スピードがものすごく早くて

「お腹すいた。食べたい食べたい食べたい・・・以下無限ループ」

と脳内は食べ物のことしか考えられなくなります。

そうすると一気にぐわーーーーと駆け込んでしまって、相手よりなん分も前に食べ終わってしまうんですよね。

食べ物はだれにも取られないのに・・・なんでなのか不思議です。

5 口癖がマイナス

何事も「めんどくさい」「やりたくない」「疲れた」「やだ」

こんなのが口癖でした。(笑)

特になにかを手伝うとか、家事をすることも億劫で、食べる時だけ起きてくるという最悪な人間でした。

家事とかは運動にもなるのに、摂取カロリーだけ増えていって、消費カロリーはどんどん減るし、動かないから基礎代謝もあがらないという

もうデブの典型ですね。

歩くより、自転車、自転車よりバス、バスよりタクシーとこんな生活送ってればまあデブになりますよね。

6 ヘルシーと呼ばれるものを大量に摂取する

世の中にはヘルシーと呼ばれるものがありますよね。

・こんにゃく

・ゼロカロリーのもの

・ぐーぴた

・ふすまパン

・玄米

・オールブラン

・クリーム玄米ブラン

・野菜類

・魚

・きのこ

紹介すればたくさんありますけど、特にお菓子類は

ゼロシュガーのチョコとか、ビターチョコとか、和菓子は洋菓子よりいいとかいろいろな情報があって、

その類のお菓子を大量に買い込みます。

そして、1日で全部食べます。

なぜなら、「太らない」「ヘルシー」だと思い込んでいるからです。

そんなわけないんですよね(笑)だって食べ過ぎだもん。

常人の人が普通の食べる量の3倍は食べてるわけで、「ヘルシー」だからという脳が過食を加速させ、結局意味ない。そして太る。

アホかよ。このデブが。

常人が適量を適度にとるから、ヘルシーなお菓子だね♡で済むのに、デブが2袋完全に食べてヘルシーだね♡って言葉が出ないほどのアホですわ。

最後に

デブあるあるではありますが私はこれを体験して来ました(笑)

完全に実体験です。

共感していただけたら嬉しいです。

 

ダイエットえなのプロフィールはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です